MT4のスプレッドの広さ

YJFX!は、ヤフー株式会社の子会社であるワイジェイFX株式会社が提供する外国為替証拠金取引(FX)サービスです。

ドル円やユーロ円等22種類の通貨ペアが用意されており、1000通貨から取引可能となっています。このYJFX!においては、従来はMT4(メタトレーダー4)という移動平均線、MACDなど様々なインジケーターを表示できるソフトを活用できる口座がありました。
しかし、このMT4口座の弱点として他の取引口座と比較した場合に取引レートに表示される売りと買いの差額であり実質的には売買手数料といえるスプレッドが広く設定されているという弱点がありました。

この点について、しばらくサービスが提供されていたものの、ついに平成27年3月13日をもってサービス提供を終了するということとなりました。スプレッド競争等様々な観点からサービスが維持できなくなったのです。
これを受けて、MT4の口座の資産をもう一つの取引口座である外貨exの口座に移管することとなりました。

この口座のスプレッドは他社と比較しても負けないくらい狭い水準にあるので、引き続きYJFX!でトレードを行っていっても支障はない状況でした。

MT4のスプレッドの広さ

MT4口座廃止後のYJFX! の評判は? 出金・入金の手間は?

このMT4提供終了後、外貨exの口座で取引を行うこととなったYJFX!ですが、通常のFXトレードに加えて、バイナリ―オプションと総称される一定時に相場が一定金額より上か下かを予測する「ラダーオプション」と、一定時に相場が一定の幅の金額の範囲内に収まっているかを予測する「レンジオプション」という取引サービスが、「オプトレ」というサービス名で提供されていること、口座開設に係るキャンペーンで取引通貨の数量に応じて27000円までキャッシュバックするサービスや、ヤフージャパンがポイントについてはTポイントと連携していることを受け、その100%出資子会社の特徴を利用して、口座開設時にTポイントを付与するサービスや、取引通貨数量に応じTポイントを付与するサービスを提供すること等で口座開設数が30万を超える人気となっています。

また最近ではiphponeの取引アプリが評価されています。

この口座の入手金については、リアルタイム入金ができるほか、300万円以下のリアルタイム出金の場合は、銀行営業日の14時30分までなら即時出金ができるので機動的に資金が動かせる点にメリットがあります。

またFXの口座を活用して外貨両替ができる点でも特徴があるでしょう。
外貨両替利用件数が1年間で約32000件という実績があり、かなり活用されています。

YJFX! の評判

どのFX業者で口座開設するのがいい?

FXを行う際に口座開設をするとき、開設費用や維持費は無料であるので、実際に利用する業者以外にもチャートが見やすい業者などでも開設しておくと取引する際に便利に利用できます。
しかし、本命のFX会社を選ぶポイントで重要なことは、スプレッドの大きさです。

スプレッドは買値と売値の差額であり、注文を出すときに必ずかかるコストでもあります。そのため、まず初心者はこのスプレッドの幅が小さい業者を選ぶようにしましょう。最新版!FX会社の特徴とおすすめのポイントを徹底解説!
自分が利用したい通貨ペアによって、各会社で値が違ってきたりするので把握しておくことが大切です。

また、スワップポイントも重要なポイントです。スワップポイントは、ポジションを維持していると毎日発生する金利のようなものです。
スワップポイントは、通貨ペアやそれぞれのFX会社によって金利が変わってくるので、スワップポイントを目当てに利用した場合は、高い業者を選ぶことが大切です。

しかし、必ずしもプラスであるわけではなく、買いか売りどちらで注文したかでマイナスにもなります。

この点をしっかりと理解してポジションを維持することが、スワップポイントを有効に活用することに繋がります。

PAGE TOP ↑